アニエス ベー(agnes b)-バッグ・財布等
アニエス ベー(agnes b)-バッグ・財布等

アニエス べーの福祉活動

アニエス べーの福祉活動

 

アニエス ベーでは、社会福祉活動をサポートする活動をしています。売上げや利益の全額を市民団体やボランティア機関に寄付しているのです。定番で置いている商品や、一時的な援助の為に置いている商品があり、アニエス ベーは常に社会貢献に従事しています。日本では、日本赤十字社を通してその売上げ等を寄付し、日本の社会福祉に貢献してくれているのです。


アニエス ベーでは、「エイズ撲滅」にも力を注いでいます。店頭でコンドームを自由に取ることができるようにしたり、世界で年間約20万個を無料で配布しています。赤いマフラーは一年中販売されており(ウール素材/綿素材)、その収益は、エイズ入院患者の支援の為に寄付されています。日本では、この売上げを財団法人日本エイズストップ基金へ寄付しています。


また、地球温暖化対策についても熱心で、北極に観測船「タラ」号を派遣しています。雑誌「マリ・クレール」では、このアニエス ベーの北極プロジェクトの紹介をし、読者に「タラ」号がプリントされたバッグをプレゼントする企画が行われています。


いずれもアニエス ベーの様々な分野での熱心な姿勢にも、多くの人が心惹かれるのでしょう。


アニエス ベーの世界地図腕時計

アニエス ベーの世界地図腕時計

 

アニエス ベーの腕時計で大人気なのが、、世界地図を文字盤に配したもの。人気商品で通販やオークションなどでも1点ものだったりとかなりの入手困難ものです。


これは欲しい!です。ボーイズ、レディースともにあるそうですが、ボーイズものは通常のメンズものよりも小さめ、レディースものよりは大きめという感じで、ユニセックス的なところもおしゃれで、あえて女性がするのも素敵です。さすがアニエス ベーと言った感じです。


文字盤の色もブラック、グリーン、ワインロゼなどがあり、クロノグラフ機能もあり、5気圧防水と、ファッション性と機能性を兼ね備えているので、どんなシーンにもおしゃれにマッチします。


私は、このアニエス ベーの世界地図時計を、ちょっと年配の男性がはめるのが、最高におしゃれではないかと思っています。さりげなくこの“ボーイズ”ものをはめている男性のセンスはきっと男性女性問わず、目をひくのではないでしょうか。


また、時計の箱もアニエス ベーファンにとっては欲しい一品。
アニエス ベーを扱っているお店のほとんどで「次回入手未定」とされているので、見つけたらすぐに手に入れた方がよさそうです。


アニエス ベーと映画

アニエス ベーと映画

 

ファッション、芸術、福祉活動と様々な文化にその才能を注いでいるアニエス ベーは、なんと、映画会社も設立しているのです。


元々映画をこよなく愛するアニエス ベーが設立した映画会社の名前は「ラブ・ストリームス」。映画好きの方ならご存知ですね…あのジョン・カサヴェテスの監督・出演作品です。この名前をつけたのも、アニエス ベーのカサヴェテスへの尊敬の念からだそうです。


また、アニエス ベーはこの「ラブ・ストリームス」を設立する10年前には、ジャン・リュック・ゴダールの「右側に気をつけろ」の公開へのアシストをしたそうです。ブランドを立ち上げた当時から(もっと前から?)の映画への情熱が見受けられます。


この映画「右側に気をつけろ」では、アニエス ベーは衣装提供もしていて、当時アニエス ベーのお店に行くと映画のポスターやゴダールがプリントされたTシャツなどを販売していたそうです。


ゴダールがプリントされたアニエス ベーのTシャツ…アニエス ベーと映画好きとしては、すごく欲しい一品です!…でも、今はかなり値がはっているのでしょうね…。


アニエス ベーの置き時計

アニエス ベーの置き時計

 

アニエス ベーからは腕時計の他に、おしゃれな置き(目覚まし)時計が発売されています。


目覚まし時計の中で、かわいいものを見つけました。白とピンクの2色がありましたが、白モデルにはアニエス ベーのシンボルマークであるトカゲを配したり(これは数量限定品だったそうです)、ピンクモデルにはアニエス ベー直筆文字を入れるなど、アニエス ベー本人がこだわったデザインとなっていました。直筆文字は「私は夜が大好き!」とフランス語で書かれていて、その言葉にも書いた文字にもアニエス ベーの可愛らしい一面がうかがわれます。


このピンクモデルにはルミブライトという蓄光性の塗料を使っていて、暗いところでもほんのり光る月と星がデザインのアクセントにもなっています。また、この塗料は従来の夜行塗料と違い放射性物質を一切含んでいない環境にやさしい塗料なんだそうです。


環境問題に熱心なアニエス ベーのこだわりなのでしょうね。


アニエス ベーと芸術

アニエス ベーと芸術

 

アニエス ベーのデザインによくトカゲのイラストが使われていますが、これは、M.C.エッシャーの版画をモチーフにしているそうです。


M.C.エッシャーはオランダの画家で、版画家でもありました。元々美術に精通しているアニエス ベーならば当然といえるのでしょうが、その着眼点はさすが、と思えます。


現在でも、様々なアーティストたちに作品を依頼し、店頭に作品を展示したり、その他、展覧会なども企画しています。またアニエス ベーは現代アート作品の蒐集家としても有名です。その膨大な作品の展示会を開いたり、美術館などに貸し出されているそうです。アニエス ベーの蒐集の目的としては、アーティストを援護する為…斬新な才能を世に出すというのも大きく、彼女の芸術への深い愛情と努力を感じます。


そんなアニエス ベーの目はやはり本物なのでしょう。彼女が設立したアートギャラリーは国際的な評価も得ているそうです。


パリに行ったら、ファッション、芸術と多方面のアニエス ベーの魅力を満喫できるのでしょうね…行ってみたいです…。


アニエス ベーで入学祝い

アニエス ベーで入学祝い

 

最近、親戚や友だちの子どもたちが高校や大学へ進学するようになりました…自分も年をとるわけです…。


と、愚痴を言っている場合じゃなくて…入学祝いってけっこう困りますよね。最近の子は何でも持っているし、何をあげてもあんまり喜ばれないんじゃないかと疑心暗鬼になったりして。


私はもう決めています。入学祝いにはアニエス ベー!、アニエス ベーの時計です!


理由その1:アニエス ベーは値段が手ごろ

理由その2:アニエス ベーのデザインは誰にでも合う

理由その3:アニエス ベーはおしゃれ!=自分のセンスがよく見られる。


アニエス ベーの腕時計の種類は豊富だし、セイコー製だから修理の時も便利だし(留学の場合はどうなんだろう…世界のセイコーだから大丈夫かな)、置時計も別に持っていたって、おしゃれな時計ならきっと新しいのを飾ってくれるだろうし、2、3個あったっていいじゃないですか!


そんな風に思って、アニエス ベーの時計を見るたびに、結局自分が欲しくなって買ってしまったりするんですけどね…。


アニエス ベーの置時計で・・・

アニエス ベーの置時計で・・・

 

アニエス ベーのデザインでイメージが強いのは、トカゲのモチーフや、ロゴと、そして、「ストライプ」が思い浮かびます。


そのストライプをあしらった、アニエス ベーの置時計なんていうのもあるんですよ。


形はいたってシンプルな角型ですが、モノトーンのストライプが力強さを感じられます。と、いうのもメンズ向けのロゴ「b.HOMME」が文字盤に入っているのです。置時計に男性女性というのはありませんが、何かアニエス ベーのイメージがあるのでしょうね。


時計の針は赤い矢印になっていて、粋なアクセントになりつつも見やすいという、アニエス ベー小物の「シンプルで使いやすい」コンセプトを忘れずにいるところがにくいです。


こんな置時計がさりげなく彼氏の部屋にあったら、それで彼氏の株も上がるのではないかしら(^^♪


その他にもシックで個性的な置時計がアニエス ベーから出ています。


男性諸君、ぜひアニエス ベーのこんなおしゃれな置時計をさりげなーく使ってください!


アニエス ベー的横浜!?

アニエス ベー的横浜!?

 

アニエス ベーは、今では日本全国津々浦々とショップがありますが、私のお気に入りはなんといっても横浜です!クイーンズスクエア横浜アット!の。アニエス ベーのショップはアットの1階にあります。


アニエス ベーと言えば、パリでしょーパリに少しでも近づきたいじゃないですか。


アット!の中には、カフェやレストランもいっぱいあるし、近くにはセーヌ河ならぬ港、海があるし、美術館もあるし、週末には大道芸などのストリートパフォーマンスもあるし…ファッションの都、芸術の都のアニエス ベーの生まれ故郷・パリにいる気分になれますよー(かなり私的な見解ですが…)。


アニエス ベーのショップでお買い物して、ごはん食べて、美術館で鑑賞して(わからなくたっていい!)、ちょっとお茶して、大道芸を楽しんで。海を見ながら、「さっきアニエス ベーでショップで見たあれやっぱり買おうかな」なんて思ってまたアニエス ベーのショップへ行ったり…。あっという間に一日なんて過ぎてしまいます。なごり惜しいくらい!


友だちと行くのもいいけれど、一人でのんびりとアニエス ベー的な一日を楽しむのもわりといいものですよ。


アニエス ベーの「美」-コスメ

アニエス ベーの「美」-コスメ

 

アニエス ベーのコスメはCCBパリとのコラボレーションです。


CCBパリは、パリの各界のクリエーター達と共に、「美」に関する様々なオリジナル製品を創り、その販売網を通信販売というかたちで手の届きやすい価格設定により提供しているカンパニーです。アニエス ベーの他にも、化粧品研究家や、ヘアメイクアーチスト、トップモデルなど、個性的なクリエーター達がいます。


アニエス ベーの「美」に対する素敵なビジョンがCCBパリに載っていました。


(引用ここから)


1975年に登場して以来、アニエス ベーはそのピュアで洗練されたスタイルで30年以上も世界中を魅了してきました。あなたがもっと人生をシンプルに、本来の美しさを際立たせ、そして自分自身を隠さずに現せるよう、アニエス ベーはメイクアップのイマジネーションをひろげています。
彼女の「美しさ」のヴィジョン
美しい女性とは、その爪の先まで「自分自身」と調和している女性である。


(引用ここまで)
引用先:http://www.ccb-paris.jp/_jp/_jp/all_about_ccb_flash/index.aspx?


アニエス ベーは教えてくれます。「美」に対して畏れるのではなく、いかに身近なものとして自分の中に取り入れていけるかということを。


アニエス ベーのデュオグロス

アニエス ベーのデュオグロス

 

大きなキャンディーみたい!…というのが第一印象のアニエス ベーのデュオグロス。


アニエス ベーのコスメ初進出は、「Rouge.b」。リップ系がひときわ目立ちますよね。値段も手ごろだからかな。


このアニエス ベーのデュオグロス、かわいいパッケージは先ほど言ったようにキャンディーのかたち(大き目のキャンディー)をしていて、開けると、上と下で違う色が入っているのです。上はグロス、下はパール・ラメ系の色になっています。


また、ネーミングも色もかわいい。「デュオチョコ」は、ベージュ×ローズ系、「デュオメンソール」はブルー×グリーン系、「デュオピーチ」はローズ×レッド系、「デュオピンク」はレッド系になっています。


1色で使ってもいいし、2色使いもOKです。ギトギトしすぎないところも、アニエス ベーのシンプルさが出ていますね。


ただ…形が丸いので、コロコロ転がりやすいのが難点でしょうか…落とすとあっという間にどこかに転がっていってします…。


このデザインは、アニエス ベーの遊び心から来たものなのかしら?!